読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博多の春といえば、そう「白魚の踊り喰い」である!


今日の一皿はこちら!

 f:id:mulverygood:20160410215427j:image

 

 

うん?う〜〜〜ん!?

そうこれが今日の一皿である!鑑賞用ではない!これは食するものだ!

僕の地元福岡では割となじみ深い食べ物で、小さい頃から何度も食べてきた!

 

福岡の名物は水炊き、もつ鍋、焼き鳥、豚骨ラーメンとたくさんあるが、春しか食べられないものと言ったら、この「白魚」になる!

 

福岡は西区室見川にある老舗「とり市」

言わずと知れた福岡の名店である!見よ!この佇まい!

f:id:mulverygood:20160410215450j:image 

 

 

さてさて本題の白魚なのだが、(「かわいそう」という声も聞こえてきそうだ)

この白魚をこの金網で掬う!

 f:id:mulverygood:20160410215639j:image

本来は出汁に入れて、そのまま噛まずに喉ごしを楽しむものであるのだが、僕は昔からよく噛む派である!生きたまま食べても、美味しくはない!


f:id:mulverygood:20160410215704j:image


多分、そのまま噛まずに飲み込むのは一種の洒落た嗜みであって、味という点では本当に何もないのだ!当たり前であるが!

 

 

踊り喰いの間に、一品料理が運ばれてくる!

福岡の名店であるだけに、このお刺身の美しさ!輝かしい!


f:id:mulverygood:20160410215837j:image

 白魚は苦手な人のために、卵え綴じたり、

 

 f:id:mulverygood:20160410215801j:image

 

天ぷらにして出してくれる!この天ぷらの大きさと迫力!

f:id:mulverygood:20160410220019j:image


大きさとは品である!笑

最後に炊きこみごはん!

 f:id:mulverygood:20160410220051j:image



これは出汁がよく染みて、本当に美味い!繊細で思い出にのこる味である!

 

 

 

最後に甘味!春らしい桜の花びらの形をした最中!

ちょうどいい甘さ!ちょうどいい甘さである!

 f:id:mulverygood:20160410220138j:image

 

福岡に来る際は、水炊き、もつ鍋、焼き鳥、屋台!

もちろんいいのであるが、喧騒を離れて、室見川を眺めながらゆっくりしてみてはいかかでしょう?